中川先生の「ためになる話」

9月になって

9月になって もう9月だというのに、この暑さはなんでしょう。
 さて、受験生にとって心身の健康は勝ち抜くための必須条件です。この暑さで、ダレる、意欲減退、睡眠不足、食欲低下などがあると、後半のスパートに大いに影響します。
 今回のテーマは「冷え」です。冷えは冬の専売特許ではありません。夏の暑いときこそ冷えが問題になります。というのは冷房との付き合い方がヘタだと冷えが原因で、様々な心身の不調が起こります。人間の身体は心臓や肝臓という内部体温を一定にする働きがあります。夏の暑い盛り内部体温も自然に上がりますが、これを防ぐため手足の血管は広がり、汗をかくことで熱を何とか外へ逃がそうとします。こんな時、冷房はこの働きを補助してくれるので、良いのですが、過ぎたるは及ばざるが如しということわざ通り急速に冷房が効き過ぎると、手足から冷えますから、内部体温がまだ上がったままなのに、手足の血管は収縮します。
 つまり全体が冷えず、手足ばかりが冷えるので、冬より始末が悪い冷えとなります。また一歩外に出るとまた、血管が開く、また冷房に入ると血管がとじる、手足の血管の収縮は自律神経の働きなのですが、こんなことを繰り返すと、自律神経のセンターに問題が生じて、先に述べた様々な症状となります。

 冷房はかけ過ぎず、少し汗をかくくらいが、適切と心得ましょう。いったん夏の冷え症になると、なかなか治りにくいものです。夏の冷えを制して、ラストスパート頑張ってください。

顧問医師:中川 晶
令和元年9月

中川晶先生プロフィール

中川晶先生プロフィール

 産経新聞の『中川晶の"生き方セラピー"』でご存知の方もおられると思います。
10年来お付き合いいただいている私共が言うのもなんですが、それはもう愉快な方で、一度語り始めると尽きることがないかのように実に幅広い、しかも有益で面白い話題が湧き出てくるのです。これはおそらく、一度や二度ではない挫折体験と、森羅万象に対する、特に人間に対するとてつもない興味がなせる技だと思えます。受験生についてもご自身の実体験と、臨床心理士としての深い洞察から、真の受験生の心の友となっていただけること請け合いです。先生のユニークで的を得たお話しを、お楽しみください。

  • 奈良学園大学保健医療学部教授
  • 大阪大学医学部講師
  • 心療内科医・臨床心理士
  • 京都大学講師
  • なかがわ中之島クリニック院長
  • 大阪医歯学院顧問医師
<著書・共著>
「心療内科のメルヘン・セラピー」(講談社)
「やすらぎが見つかる心理学」(PHP)
「心理療法」(朱鷺書房)
「ココロの健康からだの医学」(フォーラムA)父(故人)中川米造先生との共著 他

ページトップに戻る