北原理事長のつぶやき

後期の学習方針

後期の学習方針 もう9月も末になりました。これからの心構えと、激励をしたためます。推薦入試や大きな模試などを控え、焦りのあまり何も手につかない人もいると思います。それらの人も含め、次のことを注意実行してみてください。

1. 日課表と週刊予定表を今一度作ってみましょう。ただし、実行可能な内容で、まずやったという達成感が大事です。

2. 自習などで、90分は絶対に机を離れないという決まりを自ら作って実行しましょう。今日からできます。

3. これは以前から勧めていることですが、入試問題演習で1問を15分以内で計算や記述も含め完答する練習をしてください。今が最も必要な時期です。

4. 作成済みのノートを一日の学習の終わりに全体をさっと見て、課題をチェックして付箋を貼っておきましょう。それが外れていくのは嬉しいものです。

5. この時期はみんな体調や気持ちが優れません。まずは授業にきて、気持ちを先生との相談の中で整理しましょう。

 特に、推薦入試に臨む人は、あくまでも入試の機会の一つとして考えましょう。しかしそれでも万全の対策をしてください。不安な教科は質問や個別指導で、徹底的にやり上げてください。また、志望動機記入や面接、あるいは小論文は必ず先生にみてもらう、あるいは練習すべきです。健闘を祈ります。

 今まで苦労してきたことが身につくのは、今からのトレーニングです。くれぐれも日々邁進されんことを願います。

平成30年9月・10月

ページトップに戻る