北原理事長のつぶやき

1問ごとの完全化トレーニング・推薦対策

1問ごとの完全化トレーニング・推薦対策 9月になり受験勉強も後半に入りました。ここからが実戦力強化の始まりです。大きな模擬試験も始まりますから、当然、焦りも高まります。こういう時こそ、やるべきことをしっかり押さえましょう。

 後半は入試問題中心の演習が基本です。だから基礎問題集の1ページから、は効果的ではないのです。そこで、夏までのノートを有効利用しましょう。

 私がよく言う、時間内(大問15分)に、計算や記述までを意識して問題を解いたあと、必ずノートのその分野を開けてチェックしてください。これで基礎の確認が効率的にできます。これは、授業でも模試でも同じことです。模試の判定でくよくよするよりも、間違えた問題をできるようにすることが先決です。最後まで根気よく続けてください。力がつくのは今から12月までです。

 もう一方で、推薦受験をする人へのアドバイスです。受験の一つの機会として、全力で対策してください。しかし、一般受験対策がお留守にならないように特に注意しましょう。推薦受験の際、小論文や面接を課される場合は、必ず練習が必要です。適当にできるものではありません。そこにも全力を注いでください。

 今まで苦労してきたことが身につくのは、今からのトレーニングです。くれぐれも日々邁進されんことを願います。

平成29年9月・10月

ページトップに戻る